2018年01月26日

血液検査の結果と体調は不調〜。


通院行ってきた。
といっても特に何もすることは無い日。

早く帰りたいので、予約時間の1時間前に着くように家を出る。
とにかく採血と採尿の結果が出るまでは呼ばれないから、早く
行って結果を早く出さないと!! ≡≡≡ヘ(*--)ノ


努力の甲斐あって(?)早く呼ばれた。ヽ(´▽`)/ 

血液検査の結果は、2週間前とあまり変わりないが、徐々に
”マシ”な数値に近づいている感じ。

Lが付いてるのは貧血関係でいつものことだし、たいしたLではない。

Hが付いてるのは、肝機能関係。
これはすごく高い数値。(^▽^;)
 GOT 51(13〜33)
 ALP 685(115〜359)
 GGT 284(15〜70)

肝臓やられてる。

そして腎臓もやられてる。
 尿蛋白 67(0〜29)

前回より増えていた。利尿剤がなくなったせいか、食事の塩分が
ゆるくなってきたせいか?(・・;)
とにかく良いわけがない。普通の量の1/3も出ていないのだから。

 こんなに寒いのに外へ出かけても、半日しても全然トイレに行きたく
 ならないなんて、私にしては確実に異常。

 普通ならこの季節、病院に行く前にお家でトイレに行って出ても、
 病院に着いたらなんとなくトイレに行ってもおかしくないのに、
 お昼くらいに家に帰るまで大丈夫なんだもん。


腎臓も、しっかり壊れてる。

そんなわけで、むくみもまた始まりそう。
今日はなんだか頬や顎の辺りがむくんでいるし、左の首のリンパが
痛い。ε-(ーдー)水分は控えているのになぁ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ ↑応援ぽち♪


体調も変わらず悪いまま。
背中もみぞおちも痛い。

そして、仰向けにまっすぐ寝られない。
テレビを見ながら、ちょっと横になろうと寝転んでも
苦しくて、すぐに起き上がる始末。

 ( ̄− ̄)ゴロゴロも出来ない。

頭の方を高くして寝ないと痛くて横になれないから、寝る時は
布団の下に座布団を折って敷いて寝ている。
入院中はベッドを高く出来るから良かったけどね。(^▽^;)


あ、横道それたけど、次の抗ガン剤は何にするか?
先生しっかり考えてくれていた?(笑)

レゴラフェニブって難しい名前で言われたけど、スチバーガ。

 (゜ロ゜;)ついに、来たー?

皮膚に副作用が出るやつ!

 ( ̄− ̄)したくない。。。

いきなり「効果あるんですか?」と、意味不明の質問が口をついて出た
(笑)。肺に効果が期待できるらしい。( →_→)ふーん。

私の肺のガンが12月のCTで、大きくなっていたのがわかったから?
(写真をチラッと一瞬見たけど、かなり大きくなっていたように見えた)
・・・と思ったけど、実はもうエルプラット、トポテシン、ゼローダ
やったし、アバスチンもサイラムザもやったので、これしかない?

 (´Д`)あー。でもやりたくない。

絶対またすぐに腎臓とか肝臓とか悪くなるに決まってる。

だから、今まだ腎臓悪いし、肝臓の数値も悪いし、これが落ち着くまで
待ちたいって言って、もう少し休ませてもらおう。

実際、本当に体調も最悪だし。
内臓ボロボロに傷んでいるから、ほんとに休まないと。

 (*^▽^*)ねー!(←誰に同意を求めているのか?)


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


診察まで30分くらい待って、先生と談笑(?)して、会計で3桁の
医療費を支払って、10時半には病院を後にする・・・。

(≧▽≦)こんな素敵な通院があったのねー!

・・・と、なんだかうれしくなってしまった通院日だった。

ケモしたら14時すぎて、フラフラして痺れながら無表情で
帰るんだもんね。(´Д`)

あと、白血球数は5950。これまた異常。(私にしては多すぎる)
何か炎症反応がなるのかなと思うけど、CRPは0.03だから違うのかな?

とりあえず、2月いっぱいはのんびりして、体調を立て直したい。
なんだか支離滅裂で長くなったので、血圧の話はまた次に。



↑ 応援クリックお願いします!(-人-)




ゴンチャロフ アンジュジュ G(12粒入)紙袋付き





posted by しづく at 15:34| 経過観察&体調 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

NHKきょうの健康〜大腸がん徹底解説「手術と抗がん剤」


NHKきょうの健康は、今週大腸ガンがテーマらしい。
今日気が付いた。( ̄− ̄)

本日の放送は「手術と抗がん剤」。

内容は以下の通り。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

きょうの健康 大腸がん徹底解説「手術と抗がん剤」
 1月24日(水) 20時30分〜20時45分 (Eテレ)

大腸がんは、手術で切除することができれば治る可能性が高い。
最近増加した腹腔鏡手術のメリット・デメリットや、遺伝子検査を
活用した新しい抗がん剤など最新情報を紹介。

■番組内容
大腸がんは、手術で切除することができれば治る可能性が高くなってきた。
転移の可能性があれば、抗がん剤を併用し再発を防ぐことが重要。

最近ではおなかを大きく開かない腹腔鏡手術も増えてきている。
そのメリットとデメリットを詳しく解説。

また、肛門の近くにできた直腸がんでは人工肛門になることが多かったが、
近年は肛門を温存できる高度な手術も開発されている。

遺伝子検査を活用した新しい抗がん剤など、最新情報も紹介。

■講師
国立がん研究センター中央病院 金光幸秀科長

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



にほんブログ村へ ↑応援ぽちち!


続いて明日放送の「予防する生活」の内容は以下。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

きょうの健康 大腸がん徹底解説「予防する生活」
 1月25日(木) 20時30分〜20時45分 (Eテレ)


大腸がんは、運動と食事で予防。運動は大腸がん、特に結腸がんの
危険度を平均40〜50%下げるという。
食事は食物繊維の摂取が大切で、加工肉・赤肉の大量摂取はリスク。

■番組内容
大腸がんの予防で大切な運動と食事。運動は大腸がん(特に結腸がん)
の危険度を平均40〜50%下げるという報告もある。

食事で大切なのは食物繊維。食物繊維の摂取が極端に少ない人は、
大腸がんのリスクが高くなる可能性がある。

逆に大腸がんのリスクを上げる食べ物はハム・ソーセージなどの加工肉と、
牛・豚肉などの赤肉。

ただしこれらを大量にとる場合で、日本人の一般的なレベルの摂取で
あれば、問題はないとされている。

■講師
がん・感染症センター都立駒込病院 小泉浩一部長

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


まあ、この番組は浅く狭くな内容だから、あまり有意義な内容は
無いと思う。抗ガン剤でも手術でも「最近は抗ガン剤も副作用が
少なくて、良く効くものが出ています。」っていつも言ってる。

現場で7年間大腸ガン患者をやっているが、副作用が少なくて良く効く
抗ガン剤なんて、見たことがない。

「それはどれ?」
「副作用軽いって、自分もやってみた?」
「ステージ4からガンが無くなった人何人いる?」って聞きに行きたい。

遺伝子検査を活用した新しい抗ガン剤は、そうだといいね。
・・・と切に願ってるよ!陰ながら・・・。(^-^)



(^▽^)/応援クリックお願いです!










posted by しづく at 14:35| 大腸ガン日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする